おすすめ記事 地域包括支援センターの役割

医療と介護の連携を知る

介護業界ならでは!の面接を突破するコツと注意点

転職のコツ:面接の注意点

面接を突破する人としない人の違いとは?

LINEで送る
Pocket

身だしなみと言葉遣い

転職のコツ:面接の注意点

身だしなみや言葉遣いは第一印象を左右する大切なポイントです。そのため、きちんと見えるスーツを着て行く人も多いのですが、介護業界の場合、スーツを着て仕事をするわけではないため必ずしもスーツを着る必要はありません。スーツに近い、ジャケットと襟付きのシャツなど清潔感が感じられる服装であれば大丈夫です。とはいえ、いくらカジュアルな服装がOKであってもジーンズとTシャツで行くのはNGです。
服装同様、面接官に厳しく見られているのは言葉遣いや態度です。挨拶や入室の仕方、着席のタイミングなどは一般常識とされているため、「できない=常識がない」とみなされてしまいます。きちんとできているか、面接前に確認しておきましょう。

受け答えの仕方

面接で受かりたいからといって、見栄を張ったり嘘をいってはいけません。少しでも熱意が伝わるようにと軽い気持ちで嘘をついても、それが見抜かれてしまっては熱意を伝えるどころかただの不誠実な人となってしまいます。面接では誠実に真実を伝えましょう。

応募理由がはっきりしている人は有利?

面接では必ず応募理由が聞かれますが、「御社の理念が…」といった内容は一般的になりすぎているため、あまり良い印象を与えることはできません。他の人と違った答えを出せる人は面接官の印象に残るため有利になります。
ホームページなどに書かれている理念は書き方の違いはあれども、同じ業界であれば基本的に同じような内容が書かれています。そのため、その理念に共感してといってもインパクトが少なく伝わりにくくなるため、もう一歩踏み込んで「どうしてここを選んだのか」をよく考えて自分なりの答えを引き出しておきましょう。

前の職場の悪口はNG

転職の場合、なぜ前職を退職したのか理由を聞かれます。病気やケガ、家族の介護などやむにやまれぬ理由であれば大きく減点することはなく、むしろ今後に支障がないと好意的に判断されることもあります。ですが、自分の都合や人間関係で退職した場合は注意が必要です。
給料が低い、労働環境が悪いといったようなブラックな職場だったとしても、職場の悪口は絶対にいってはいけません。「この人は自分のミスを職場のせいにして悪くいっているのではないか」と考えられてしまい、マイナスの印象を持たれてしまうかもしれないからです。悪口にならないよう、「職場の方針や意向に沿うことができなかった」と自分の問題に重点を置いて話すようにしましょう。
また、介護業界の場合、同じタイプの施設や業務内容ばかりの転職や短期間の転職は気を付けなければなりません。いくら経験のためとはいっても同じタイプを繰り返していては経験を積むためと伝えても説得力がないからです。

介護業界は人柄が重視される

介護職は学歴はあまり重視されず資格がない人もやる気があれば始めることができる仕事です。そのため、人とどう接するのか、相手を思いやることができる誠実な人なのか、など人間性が重視されます。悪口をいう人や一般常識のない人はチームの雰囲気を壊してしまいかねないためあまり採用されません。介護と医療の連携した職場を目指しているのであればなおさら、悪口癖はないか、常識はあるかといったことに重点を置いて面接している可能性があります。面接を突破したいのであれば、これまで紹介したことに注意して誠実な態度で臨んでくださいね。

チームケアに興味がある人におすすめ!

チームケアを行うために心得ておくこと

高齢者の自立支援を目的として、介護職員や看護師、医師など専門知識を持った人たちが連携して介護ケアにあたることをチームケアといいます。さまざまな専門知識を持った人たちが集まっているため、お互いに理解し合いながら情報を共有することが重要です。そのためには積極的にコミュニケーションを取っていかなければなりません。

VIEW MORE

当サイトのご紹介 高齢者が少しでも長く自立した生活を住み慣れた地域で送るためには介護職員だけでなく、看護師や地域のボランティアなどさまざまな専門知識を持った人たちが連携してサポートしていくことが重要です。これからの未来に必要な高齢者のサポート体制について紹介します。なお、当サイトに関するご質問はこちらの【MAILフォーム】より、お気軽にご連絡下さい。

Copyright © 2018 医療と介護の連携を知る All Rights Reserved.