おすすめ記事 転職のコツ:仕事の探し方

医療と介護の連携を知る

介護と医療が連携した介護ケアについて知ろう!

「医療と介護の連携を知る」について

「医療と介護の連携を知る」について

「医療と介護の連携を知る」のおすすめ記事一覧

  • 転職のコツ:仕事の探し方

    介護と医療が連携した職場に転職を考えている人におすすめの仕事の探し方を紹介しています。求人はさまざまな媒体で出されていますが、その中でも利用している人が多いのが「転職エージェント」「折込広告・フリーペーパー」「ハローワーク」の3つです。それぞれにメリットとデメリットはありますが、おすすめは転職エージェントです。転職エージェントで紹介している求人は好条件のものが多いため、ハローワークや折込広告のように労働環境が悪いブラックな企業を紹介されることもありません。

  • サービス付き高齢者向け住宅

    介護の必要がなく元気な人が入居するサービス付き高齢者向け住宅は、他の介護施設に比べて自由度が高いのが特徴です。また、介護サービスが提供されないため初期費用も低く抑えられます。さらに要介護度が低くても入居しやすく、突然退去させられることもないため安定して暮らすことができます。とはいえ、介護の必要性が出てきた場合は退去を余儀なくされるデメリットもあります。サービス付き高齢者向け住宅は毎月数千戸単位で増えており今後もその傾向が続いていくと予測されています。

  • 介護保険外サービスの重要性とは?

    介護保険外サービスは今注目されている仕組みのひとつです。より自分らしい生活をするために必要なサービスを高齢者が自由に選択することができます。外出が困難な人に向けたサービスや一人暮らしの高齢者を見守るサービスなどその内容はさまざまですが、全額自己負担となるため負担も少なからずあります。少しでも低額のサービスを受けたいのであれば役所の窓口などでどのようなサービスがあるのか問い合わせることができるので、ぜひ利用してみてください。

  • 日本の高齢社会の現状とこれからの予測

    団塊の世代といわれる人たちが定年退職を迎えた2015年を契機に、高齢者の割合は一気に増加し今では総人口の約3割近くが高齢者層だといわれています。これから先もますますその割合は増加していくことが予測され、2036年には3人に1人が高齢者となるといわれています。その一方、生産年齢といわれる15歳~64歳の人口は少なくなっていくと予測されているため、高齢者を支えるために1人にかかる負担はますます重くなっていくと予測されています。

チームケアに興味がある人におすすめ!

チームケアを行うために心得ておくこと

高齢者の自立支援を目的として、介護職員や看護師、医師など専門知識を持った人たちが連携して介護ケアにあたることをチームケアといいます。さまざまな専門知識を持った人たちが集まっているため、お互いに理解し合いながら情報を共有することが重要です。そのためには積極的にコミュニケーションを取っていかなければなりません。

VIEW MORE

当サイトのご紹介 高齢者が少しでも長く自立した生活を住み慣れた地域で送るためには介護職員だけでなく、看護師や地域のボランティアなどさまざまな専門知識を持った人たちが連携してサポートしていくことが重要です。これからの未来に必要な高齢者のサポート体制について紹介します。なお、当サイトに関するご質問はこちらの【MAILフォーム】より、お気軽にご連絡下さい。

Copyright © 2018 医療と介護の連携を知る All Rights Reserved.