おすすめ記事 転職のコツ:面接の注意点

医療と介護の連携を知る

介護や医療、地域と連携するチームケアの心得を紹介!

チームケアを行うために心得ておくこと

チームケアの向上に欠かせないのは?

LINEで送る
Pocket

チームケアとは?

チームケアを行うために心得ておくこと

介護職員だけでなく医師や看護師とチームを組んで介護ケアにあたることを「チームケア」といいます。介護職員だけでチームを組んで24時間介護ケアにあたることもチームケアといいますが、自立支援を目的としている場合はさまざまな知識を持っている人たちが連携しながら介護ケアを行うことを指しています。

チームケアの必要性

今の日本は高齢化が進む一方少子化も進んでおり、少ない人数で多くの高齢者を支える仕組みになっています。その仕組みをより強化なものにするために地域包括ケアシステムが推進されているわけですが、さらに介護職員や医師、看護師、社会福祉士が一丸となって介護や自立支援に取り組むチームケアの重要性も高いものとなっています。チームケアの体制が強化されると、介護を必要としている高齢者やその家族は多くの人に支えられていることが実感できるため、地域で孤立することもなく自分らしい生活を安心して送ることができます。

チームケアの意義

介護の現場でのチームケアはさまざまなメリットをもたらしますが、それは介護職員が単独で介護ケアを行うよりも幅広い視点で介護ケアを行うことができるからです。
たとえば、介護職員だけのチームに医師や看護師が加わったとしましょう。医師や看護師が加わることで介護職員だけではできなかった医療行為も行うことができるようになり、持病の管理や緊急時の対応も適切に行うことができます。さらに、理学療法士や作業療法士などリハビリ専門の機能訓練指導員が加わると、自立に向けた訓練もよりスムーズになります。
このようにそれぞれに専門職が集まるチームケアは介護を必要とする高齢者や家族の問題解決や自立に向けて立てた目標設定に向かって、幅広い介護サービスを提供することもできます。

チームケアを向上させるには?

より良いチームケアを行うためにはまずはお互いに理解しあうことが大切です。チームには介護職員や医師、看護師だけでなく地域のボランティアや民生委員といった高齢者に関わりのある人たちが参加しています。その人たちはどのような立場でどんな役割があるのか、あらかじめ把握しておくとなにかトラブルが起きてもスムーズに連携を取ることができます。
また、チームの人たちの役割を把握するだけでなく、自分自身の役割もしっかりと自覚しておかなければなりません。直接介護サービスを行う介護職員は高齢者にとって一番身近な存在です。その立場はチームケアでどのように活かすことができるのかを常に意識するようにしましょう。さらに、現場で得られた情報は1人で占有するのではなくチームで共有することも大切です。トラブルやケガを未然に防ぐためにも、発生した問題点を解決するために1人で奔走するのではなく、チームの問題として全体で検討し解決に導くようにしましょう。
チームケアを向上させるためにはチーム内のコミュニケーションが大切になってきます。コミュニケーションをスムーズに取ることができたら協力体制も自然に生まれるため、より充実したチームケアが提供できます。日頃から積極的にチームに働きかけるようにしましょう。

チームケアに興味がある人におすすめ!

チームケアを行うために心得ておくこと

高齢者の自立支援を目的として、介護職員や看護師、医師など専門知識を持った人たちが連携して介護ケアにあたることをチームケアといいます。さまざまな専門知識を持った人たちが集まっているため、お互いに理解し合いながら情報を共有することが重要です。そのためには積極的にコミュニケーションを取っていかなければなりません。

VIEW MORE

当サイトのご紹介 高齢者が少しでも長く自立した生活を住み慣れた地域で送るためには介護職員だけでなく、看護師や地域のボランティアなどさまざまな専門知識を持った人たちが連携してサポートしていくことが重要です。これからの未来に必要な高齢者のサポート体制について紹介します。なお、当サイトに関するご質問はこちらの【MAILフォーム】より、お気軽にご連絡下さい。

Copyright © 2018 医療と介護の連携を知る All Rights Reserved.